SDGs特選コラムNo. 767

スポーツがもたらす子供たちと未来への影響やスポーツ環境を与える人たちが考えるべき注意点

スポンサーリンク

子供にスポーツさせるかどうかは、本人の意志や保護者の考えにもよります。ただ、スポーツを通じて、子供の持つ可能性を大きく向上させることが可能です。スポーツは競争の側面もありますが、勝ち負けだけにこだわるのではなく、子供の成長促進という観点でスポーツを捉えることが重要です。今回はスポーツが子供にもたらす素晴らしい影響や、スポーツ環境を提供する立場の人間が注意する点について解説していきます。 

 スポーツが子供に与える効果や影響 

 スポーツは子供たちに多くのものを与えてくれます。「教育」「健康と福祉」「平和と公正」といった考え方や価値観も、スポーツで学ばせることが可能です。 

 ・教育 

スポーツを通じて、心身の健康を向上させることが可能です。また、スポーツを通じ、リーダーシップや仲間との協力意識、コミュニケーションなどを育むスキルを獲得することも期待できます。 

 ・健康と福祉 

子供たちが定期的にスポーツすることで、肥満や生活習慣病の予防につながります。また、スポーツすることで、ストレス軽減や心の安定にもつながります。 

 ・平和と公正 

スポーツは子供たちに平和と公正の価値観を育む効果が期待されます。相手を尊重する意識もそうです。さらに、チームスポーツでは、他者との協力や仲間意識などを学ぶことが期待されます。 

 

 子供にスポーツを与える際に注意しなければいけないこと 

 子供たちにスポーツという機会を提供することで、子供たちに大きなプラスの環境と機会を与えられます。しかし、提供する側がスポーツの持つ競争性を重視するあまり、成長という目的から脱してしまわないように注意が必要です。下記に関しては、特に意識して注意することが必要になります。 

 ・プレッシャーをかけすぎない 

 適度なプレッシャーや緊張感は、子供のやる気を引き出し、成長の機会にもなります。しかし、過度なプレッシャーを与えることや、高圧的な指導は、子供たちのやる気を削ぎ、心身を疲弊させます。 

 他の活動とのバランスを意識する 

 スポーツに夢中になり、学業や友人、家族との大事な時間を犠牲にするのは好ましくありません。子供の成長を願うスポーツ活動であれば、過密スケジュールを避け、バランスのとれた活動に導いていく必要があります。 

 ・失敗を責めない 

スポーツはチャレンジの連続です。子供はスポーツで失敗しながらも、その失敗を糧にして成長していきます。その失敗を感情的に責めることや、懲罰を与えるようになってはいけません。見守る側が熱くなりすぎることで、逆に子供の成長や、やる気を阻害させることになります。 

 ・多様性を重んじる 

スポーツは持って生まれた身体能力や体格によって差が生まれます。スポーツの競争性のみを重視するのではなく、異なる背景のある周りの人間と助け合い、協力し合う機会を与えることが重要です。 

 まとめ 

 子供たちにスポーツ環境を与えることで、心身共に成長が見込めます。また、スポーツを通じて子供たちが将来、持続可能な社会を構築するための考えや価値観を構築することも期待できます。子供たちにスポーツの場を提供する立場にある人たちは、スポーツの持つ競争性だけに目を囚われるのではなく、スポーツが子供たちに与える、無限の可能性を意識してサポートすることが重要です。

参照サイト

https://teniteo.jp/c01/m001/vq6MI

https://sposuru.com/contents/kidssports/impactsports/

https://cocreco.kodansha.co.jp/cocreco/general/education/QsKRZ

    スポンサーリンク
    この記事はいかがでしたか?よければ「Good」してください。
    1+
    あなたのコメントが役立ちます!コメント募集中!
    0 件のコメント
    Inline Feedbacks
    View all comments