エシカルファッションとは?やっとみつけた自分らしい服 | マイレビュー | TSUNAGOOD
マイレビューNo. 286

エシカルファッションとは?やっとみつけた自分らしい服

エシカルファッションとは、地球にも労働者にも優しいファッションです。私は元々ファッションが好きで、アパレルで働いた経験があります。

洋服を選ぶ上で、必ずしも「好きなデザイン=着心地のよい服」ではありませんでした。そんな私がやっとみつけた自分らしさは、エシカルファッションです。

今回、私がおすすめするエシカルファッションをご紹介します。

おしゃれは足元から「VEJA(ヴェジャ)」

VEJA(ヴェジャ)は、フランスで2004年に創業したスニーカーブランドです。

VEJA(ヴェジャ)の魅力は、こだわり抜いた素材。フェアトレードのオーガニックコットンや、ヴィーガン素材のレザー。アップサイクル素材などなど。

ストーリーを知れば知るほど魅力的なスニーカーブランドですが、洗練されたデザインで、私が求めていたシンプルがここにありました!

スポーティーからクラシカルまで、とにかく万能。甲高で靴選びに苦労する私ですが、履き心地にも満足しています。

公式サイト:https://www.veja-store.com/ja_jp/

 

モード系もお任せ「Re:EDIT(リエディ)」

Re:EDIT(リエディ)は、2015年に日本で誕生したブランドです。サステナブルなのにトレンドがしっかりと抑えられていて、モード系が得意な方におすすめしたいブランドです。

店舗を持たないファッションブランドですが、ECサイトでの取り扱いが多くサイズも豊富なため購入しやすいです。おしゃれもエコも妥協したくない方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

ファッションだけでなく、インテリアもおすすめなんですよ。

サステナブルアイテム一覧
https://reedit.jp/category/SUSTAINABLE_ITEMS/
サステナブルへの取り組み
https://neographic.jp/sustainable/

身近なエシカルはUNIQLOから

1974年に日本で創立したファッションブランド。安さが魅力的でしたが、当時は「ユニバレ(ユニクロバレる)」なんて言われた時代があるくらい、おしゃれなイメージはありませんでした。

今では、日本を代表するおしゃれで身近なファッションブランドです。UNIQLOの魅力は、年代・性別を選ばないデザインや、着心地を追及しているのに値段が手頃な点です。

海洋ゴミを減らすため、様々な支援活動を行うUNIQLOは、身近なエシカルファッションといえます。改めて、UNIQLOのストーリーを着てみてください。きっと、手放せない特別なファッションになること間違いなしです。

UNIQLOのサステナビリティ活動
https://www.uniqlo.com/jp/ja/contents/sustainability/

まとめ

本日ご紹介した、エシカルブランドは、どれもミニマリストな私が手放せない、ずっと着たいと思うファッションブランドばかりです。

デザインや着心地だけでなく、それぞれのブランドのストーリーを知ることで、特別な一着になります。

値段の安さではなく、何にお金を払ったのか。身近なところから未来への投資がはじまっています。

あなたも、エシカルファッションで心からおしゃれを楽しんでみてください。

 

    この記事はいかがでしたか?よければ「Good」してください。
    2+
    あなたのコメントが役立ちます!コメント募集中!
    0 件のコメント
    Inline Feedbacks
    View all comments