マイピックアップNo. 152

夏到来までに意識したい、地球にやさしいひんやりアクション

暖かい気温を記録するようになってきた今日この頃。半袖を準備している方も多いのではないでしょうか。

この記事では、これからの季節に向けてちょっとエコな暑さ対策をご紹介します。

ご紹介の前に

ストイックに暑さ対策を行いエアコンを使わずにいると、熱中症になる危険もありますのでエアコンは適度に使用することをおすすめします。

エアコンのフィルターはこまめに掃除する

暑い季節には欠かせないエアコン。環境省は夏のエアコン温度28℃を推奨しています。それでも暑すぎて設定温度をどんどん下げてしまうこともあるかもしれません。しかし、気温ではなくフィルターの目詰まりが理由で暑く感じてしまっている可能性も。

エアコンのフィルターにほこりが溜まってしまうと、空気の通りが悪くなってしまい風が思うように出ないことがあります。そのため部屋を涼しくする効率がダウン。結果、より暑く感じてしまい設定温度を下げてしまうという状態になります。

涼しく感じないなと思ったら、フィルターを一度確認してみてください。こまめに掃除することで設定温度を必要以上に下げることも少なくなるでしょう。

冷感グッズで体感温度を下げる

冷感シートや氷のうなど定番のグッズから、さまざまな冷感グッズが現在展開されています。

また、首や脇、ひじの内側、ひざの裏側などの体の太い血管のある部位や皮膚が薄い部位にグッズを当てることもより涼しくするポイントです。

体温を下げる食材に注目

カリウムや水分の多い食材にある利尿作用。利尿作用は尿とともに熱も逃してくれるため、体温を下げることにつながります。スイカやキュウリ、レタス、ナシなどがその食材にあたります。食事から暑さ対策をしてみたいという方は試してみてはいかがでしょうか。

本格的な暑さがやってくる前にこれらを意識することで、夏をより快適に、よりエコに過ごせると思います。環境にやさしい暑さ対策として、何か参考になれば嬉しいです。

備考:
https://www.env.go.jp/earth/ondanka/gel/ghg-guideline/business/measures/view/28.html
https://www.city.aizuwakamatsu.fukushima.jp/docs/2018080700039/
https://www.karadakarute.jp/hlp/column/detail/185
https://www.atsugi.co.jp/styleupcafe/a_journal/30/index.html

この記事はいかがでしたか?よければ「Good」してください。
0
あなたのコメントが役立ちます!コメント募集中!
0 件のコメント
Inline Feedbacks
View all comments