SDGs特選コラムNo. 776

スポーツは自然保護にもチームワークを発揮する!

スポンサーリンク

スポーツの世界が新たなミッションに目覚めています。それは、単に身体を動かすことを超え、自然保護への取り組みを強化することです。
地球の環境危機に立ち向かい、持続可能な未来を築くための重要な一歩を踏み出していることに注目しましょう。

 

スポーツと自然保護の統合

スポーツ組織の自然保護への取り組みは、国連の持続可能な開発目標(SDGs)に大きく貢献します。
特に、気候行動(目標13)、海の豊かさの保全(目標14)、陸の生態系の保護(目標15)といった目標達成に向けた具体的なアクションが期待されています。
スポーツを通じてこれらの目標に貢献することで、より健全で持続可能な社会の構築が可能になります。

「Sports for Nature Framework」は、スポーツ組織が自然の保護に積極的に関与するための具体的なガイドラインです。
2030年以降に向けてスポーツ全体で自然に対する積極的な行動を実現し、スポーツが自然を支持し、その保護と回復に貢献することを目指しています。
自然の生き物や植物を守ること、自然を元に戻すこと、環境に優しい物を使うこと、人々に自然の大切さを伝えることが、この計画の4つの大切なポイントです。

具体的には、

  1. 自然を保護し、自然の生息地や種への損害を避ける。
  2. 可能な限り自然を回復し、再生する。
  3. 供給チェーンにおける自然へのリスクを理解し、減らす。
  4. スポーツ全体やその先を見据えて自然に対するポジティブな行動を教育し、触発する。

という原則が掲げられています。
個人として参加することはできませんが、スポーツ組織が自然に対する計測可能な貢献を行う準備ができた場合に、署名者になることができます。

従って、参加団体としては、

  • 2024年パリオリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
  • スペイン・オリンピック委員会
  • パプアニューギニアオリンピック委員会
  • 国際自転車競技連合(UCI)
  • 世界ボート連盟(FISA)

など、大きな組織になります。
個人としてはその支援者や協力者としての役割が求められているようです。

 

スポーツ組織における実践の重要性

スポーツ組織が「Sports for Nature Framework」に参加することは、環境を守るための強い決意を示します。
組織をより良くすること、新しい仲間を作ること、環境について学ぶ重要な機会を提供することにもなります。
計画を作って実行し、その成果を報告することが、自然保護に向けた大切なステップであり、確実な実行が求められます。
私たちは、その活動を注視し、出来る範囲で協力や参加をしていくことで積極的に関わることができます。

まとめ

スポーツは、ただの身体活動以上の意味を持ち始めていて、自然保護に取り組むことで、スポーツ組織は地球を守り、SDGsにも貢献します。

この新しい役割は、スポーツの力を社会や環境のために使う素晴らしい機会です。
スポーツを通じた自然保護の活動は、ただの流行りで終わらすものではなく、より良い世界を作るための大切な使命といえるでしょう。

    スポンサーリンク
    この記事はいかがでしたか?よければ「Good」してください。
    1+
    あなたのコメントが役立ちます!コメント募集中!
    0 件のコメント
    Inline Feedbacks
    View all comments