SDGs特選コラムNo. 932

スポーツが「働きがいも経済成長も」に果たす役割とは:ストリートフットボールワールドの取り組み

スポンサーリンク

「働きがいも経済成長も」を目指すSDGs(持続可能な開発目標)において、スポーツの果たす役割はますます重要視されています。
特に、ストリートフットボールワールド(streetfootballworld)は、サッカーを通じて社会的な変革を促進し、若者に働きがいと経済的な機会を提供する素晴らしい事例です。
本記事では、ストリートフットボールワールドの取り組みとその具体的な成果について詳しく紹介します。

ストリートフットボールワールドとは 

ストリートフットボールワールドは、2002年に設立された国際的な非営利団体で、本部はドイツのベルリンにあります。
彼らのミッションは、サッカーを通じて貧困、失業、差別といった社会問題に取り組むことです。
世界中の90以上の国で活動しており、100以上の地域団体と連携して、サッカーを通じた社会的な変革を推進しています​。

主なプログラムと活動内容

  • 職業訓練と教育プログラム

ストリートフットボールワールドは、サッカーを利用して若者に職業訓練や教育の機会を提供します。
サッカーのコーチング、リーダーシップスキルの養成、職業に関連するスキルの習得が含まれます。これにより、若者たちは雇用機会を増やし、将来的な経済的自立を目指すことができます。

  • 地域コミュニティの強化

地域の若者を集め、サッカーを通じて連帯感を醸成し、共同作業や協力の重要性を学ばせます。また、地域の問題解決に向けたプロジェクトに参加することで、社会への貢献意識を高めます。

  • インクルーシブなプログラム

性別、宗教、人種、社会経済的背景に関係なく、全ての若者が参加できるインクルーシブなプログラムを提供しています。これにより、多様性の尊重と包摂が促進され、社会的な壁を取り払う手助けをしています​ ​。

 

成果や具体的な成功事例について

プログラムを通じてスキルを習得した若者たちは、地域社会での就職機会を得やすくなっています。実際、プログラム参加後に地元企業での就職に成功した若者が多く報告されています。
また、サッカーを通じた活動が、若者たちの自信を高め、社会への参加意識を向上させています。多文化間の交流が進み、差別や偏見の解消にも寄与しています。
プログラムが成功した地域では、若者の雇用率が向上し、地元経済の活性化に寄与しています。さらに、地元企業との連携が強化され、地域全体での経済成長が促進されています​。

成功事例1:南アフリカの事例

ケープタウンでのストリートフットボールワールドのプログラムは、地域活性化に大きく貢献しています。
プログラムに参加した若者が地元のサッカークラブやコミュニティセンターで指導者として活躍しているのです。
これは単に若者が就業できたという話だけではありません。地域の子ども達にリーダーシップやチームワークの重要性を教えるプログラムが拡がり、子ども達が次の指導者に繋がる好循環を生み出すということです。

成功事例2:ブラジルの事例

貧困地域の若者がプログラムを通じて技術訓練を受け、スポーツ関連のビジネスを立ち上げるケースが増加しています。
例えばリオデジャネイロの貧困地域では、サッカーとカメラを通じた子ども支援プロジェクトが行われており、子どもたちが自分たちの目を通してサッカーへの情熱を記録できるようカメラを渡す取り組みがなされています。
若者たちが自分たちのコミュニティに積極的に関わり、新たなスキルを身につけることが促進されるため、地域の経済活動も活発化し、コミュニティ全体が恩恵を受けています​。

まとめ

ストリートフットボールワールドの活動は、「働きがいも経済成長も」というSDGsの目標を達成するための具体的な方法を示しています。
プログラムを通じて、若者に働きがいと経済的な機会を提供し、地域社会の持続可能な発展に寄与しています。
サッカーを通じた社会的な変革の力を信じることで、より良い未来を築くための道筋が見えてくるといえるでしょう。

    スポンサーリンク
    この記事はいかがでしたか?よければ「Good」してください。
    1+
    あなたのコメントが役立ちます!コメント募集中!
    0 件のコメント
    Inline Feedbacks
    View all comments