マイピックアップNo. 555

投票についてどう思う?もっと自由に声を挙げられる日本へ!

スポンサーリンク

みなさま、選挙に行かれていますか?

国際日本データランキングで2023年2月の時点で、199カ国中137位の日本。

国際日本データランキング調べ

「行く」も「行かない」も、それぞれいろんな理由があると思います。

今回は、選挙や投票でよくある声をまとめてみました!

投票について「それ感じてた!」や「私も同じ!」と感じると共に、もっと投票に興味をもってもらえる機会になれば嬉しいです。

【実体験】私の投票記録

私が初めて投票に行った時の記憶は、今でも鮮明に覚えています。

母親と一緒に、自宅近くの公民館の投票所に行くと、地元のおじさんやおばさんが座っていました。

少し重々しい雰囲気があり「静かにしなきゃいけないのかな・・・」というプレッシャーを感じました。

当時は、選挙の内容も全然全く理解しておらず「なんとなくこの人で」「親がこの人って言ってたから書いておこう」程度のノリで参加していました。

でも【投票した】ということに、誇らしかったのを覚えていますww

その後は、タイミングが合ったら投票しに行くという気まぐれ。

何年か経ったある日、税金や日本の制度にモヤったことがあり、その背景に選挙で国民の声が反映されていることを知りました。

それからは毎回投票に行き、自分の意見を表明するようにしています。

みんなの声をまとめてみたよ!

私も含め、こんな声を聞いたことがあるという内容をピックアップしました。

・誰に投票したらいいか分からない

私も初めはそうでした。

でも、意外と投票所に行ったら、選挙ポスターでなんとなく情報が入るので、その人が何をしようとしてるか知れたりします。

・投票は無責任?

「何をしてるか分からずに投票するのは無責任だから行かない!」って声もありました。

もし誰に入れたらわからないなら、無記名投票もできます。(白紙のまま投函する)

投票権はあるから、分からなくても行くことは大切かも!

・何に影響があるの?

私たちの生活などに大きく影響します。例えば増税の件とかね。

税金が上がるのかは、国民の声である投票で決まってくる。

NOと言わなければ、税金が上がっても文句は言えないよね・・・。

・無駄じゃない?意味あるの?

無駄に感じたり、意味があるのか疑問に感じるときもあるでしょう。

どんなことが無駄と感じたのか、何があったら意味がある投票になるのかを、自分で知るきっかけになるかもしれないですね。

・20代は行かなかった

若いうちは行かなかったけど、年齢が上がるようになってから行くようになったという人も多い。

年齢が上がれば、経験値があがるので投票の必要性を知っていくから。

でも、若い人の意見もとっても大切なので「知る姿勢」を持つことは重要でしょう!

・投票率が低くても決まってしまう

投票率が全体の半分以下でも、多数決で決まってしまうこともあります。

確かに、人数少ないのに決まってしまったら、本当に正しいかどうか怪しいよね・・・。

だからこそ、自分の一票って貴重だったりするのです!!

・政治は難しい

難しい言葉ばかりで、眠くなりそうな説明だしよく分かんないわ・・・。

漢字が並んだ文字を見ると、そう感じてしまうのもよく分かります!!!

もっとシンプルに伝えてくれるようになったら、もっと聞きたくなるかもね!

投票に行く理由とは何か?

投票理由にも、さまざまな声があります。

・一人ひとりに与えられた権利だから

・投票している人はかっこいいよね

・自分の意思を伝えたいから

・声を行動として移さないと伝わらないから

・自分たちの未来の話だから行く

他にも、もっと声があったけど、一番に知って欲しい事は

【投票に行くのに、正解も不正解もない】ってこと。

みんな自分の思いを持って投票に行くけど、実際に投票によってどうなるかは、その後の行動で決まります。

だから、投票では正解も不正解も実際は誰も分からない。

しかし、、、、

もし投票に行かなかったら、その後の決まりごとに関して、あなたは「嫌だ」とは言えないです。

だって、NOともYESとも表明していないから。

つまりは、答えはないから、素直に自分の一票をまずは投票した方がいいってこと!

ちなみに、私が投票に行く理由は「自分の住んでる国のことだから」です。

私は日本が好きです。

なのに、世界に比べて脱プラが遅れていたり、添加物大国だし、動物権利が他の国より理解が低いなど、見直して欲しいことがたーーーーくさんあります(欲張り)。

でも、声をあげないと伝わらないから、投票で声をあげています!!!

「行っても変わらない?」「偉いね!」「すごいよね」「真面目だわ」「意味なくない?」

いろんな意見をもらっています。

でも、【私は私の意思で投票に行くことを決めている】ので気にしません。

投票は自由の発言できる手段

良くも悪くも、声を出すと周りに広がる世の中。

しかも、最近は少し悪い方に目がいきがちな気がします。

「言ったら叩かれる」「炎上する」「暴言を吐かれる」「声を無視される」

このように、自分の意見が伝えにくい文化は風通しが悪く、生きにくい環境になってしまいますよね。

誰しも、自由な意見を発言する権利はもっています。

自分の意見を言えることは、恥ずかしいことでもまったくなく、もし間違っていてもいいんです!!

間違った時は、自分の間違いを素直に認めて、相手の意見にも耳を傾けてみましょう。

投票は、地域や国などの大きな集まりの中で行われます。

一人ひとりの声は小さなものですが、集まれば大きな力になり、エネルギーは強くなります!

投票に一票には、それだけのパワーがあるのです!!

投票は秒で終わるが、行くのが面倒臭い

実際の投票にかかる時間は、すごく短くて簡単です!

受付→用紙もらう→名前書く→投函→終了

このように、すぐに終わります。

ただ、日本の投票システムは、決められた場所・決められた日程でしか投票できないことが不便ですよね。

期日前投票もあるけど、やっぱり場所に行かなきゃ行けないって少し手間がかかります。

今の世の中、スマホで支払いや買い物ができる時代だから、どうしても面倒が勝っちゃうんですよね。。。

いろんな意見・いろんな生き方があってもいい

政治に興味を持ってなくても、投票には行けます。

むしろ、自分が日本に住んで何か変えたいとか見直したい・改善して欲しいという考えがあるなら、投票にいくべきです。

だって、自分の事が決められる場だからです。

しかも、18歳から投票権は必ず一人ひとり与えられます。

ぜひ大いに活用して、日本の未来を良い方向にみんなで変えていきましょう!!

    スポンサーリンク
    この記事はいかがでしたか?よければ「Good」してください。
    1+
    あなたのコメントが役立ちます!コメント募集中!
    0 件のコメント
    Inline Feedbacks
    View all comments