健康志向の自然素材住宅「BOTANICAL HAUS」がリニューアル! | SDGs開発目標3.すべての人に健康と福祉を | TSUNAGOOD
SDGs開発目標3.すべての人に健康と福祉をNo. 197

健康志向の自然素材住宅「BOTANICAL HAUS」がリニューアル!

この記事は@プレスのプレスリリースを引用しています。お問い合わせ・詳細は下記リンク先へ
https://www.atpress.ne.jp/news/314421

健康志向の自然素材住宅「BOTANICAL HAUS」がリニューアル! さらに環境にやさしく・省エネになり7月1日より再登場

株式会社環境住宅研究所

BOTANICAL HAUSのボランタリーチェーン運営を行う株式会社環境住宅研究所(所在地:愛知県名古屋市、代表取締役:友松 芳信)は、自然を大切にするドイツ基準の家づくり「BOTANICAL HAUS」を、さらに環境にやさしく・省エネにし、7月1日(金)より発売いたします。

「BOTANICAL HAUS」詳細: https://botanicalhaus.jp/

■「BOTANICAL HAUS」とは

性能値:耐震等級3対応【最高等級】、UA値0.46(省エネルギー対策等級5【最高等級】)、C値0.62(モデルハウス測定値)

BOTANICAL HAUSは住宅先進国ドイツで造られた断熱材「ECOボード」を採用し、化学物質の使用を極限まで減らした健康志向の自然素材住宅です。高い性能だけではなく、住む人が心地よく過ごせ、長きにわたって性能を維持し続けられます。

■リニューアルポイント

*床断熱材にも木からできた断熱材「ECOボード」を採用。

屋根と壁に標準採用しているECOボードを床断熱材にも採用。高い遮熱性能・透湿性能でいままで以上に快適な室内空間は、ごろっと寝転ぶと、そのまま寝てしまう心地よさです。

*室内壁に土からできたドイツ製塗料「ECOレイム」を採用。

自然素材からできたECOレイムは塗料特有の嫌な臭いがしません。塗料に含まれる天然鉱物の質感が落ち着きのあるインテリアを実現します。

■対象商品

商品名    : BOTANICAL HAUS

リニューアル日: 2022年7月1日(金)

販売エリア  : 愛知県、岐阜県、三重県

URL      : https://botanicalhaus.jp/

■会社概要

商号  : 株式会社環境住宅研究所

代表者 : 代表取締役 友松 芳信

所在地 : 〒465-0064 愛知県名古屋市名東区大針1丁目13番地

設立  : 2018年1月

事業内容: ボランタリーチェーン運営、建築物の設計・工事監理

資本金 : 1,200万円

URL   : https://botanicalhaus.jp/

【本件に関するお客様からのお問い合わせ先】

株式会社環境住宅研究所 VC事業部

TEL        : 052-715-6910

お問い合せフォーム: https://botanicalhaus.jp/contact/

編集部

TSUNAGOOD編集部です。サイト編集・運営を担当しています。

この記事はいかがでしたか?よければ「Good」してください。
0
あなたのコメントが役立ちます!コメント募集中!
0 件のコメント
Inline Feedbacks
View all comments