マイレビューNo. 215

子どもと環境に優しいSDGsなランドセル3選

小学生の入学準備品として主役級のランドセル。

最近はカラフルで個性豊かなものが発売されていますが、6年間毎日使うからこそこだわりたいですね。

そこで今回は、お子さまにも環境にも配慮したサステナブル素材のランドセルを紹介します。

(1)NuLAND(ニューランド)|リサイクル素材で作られた超軽量ランドセル

NuLANDは循環型リサイクルポリエステル「RENU® 」を採用した未来型のランドセル。

動物のレザーではなく、古着や工場の生産で生じた生地を使用するため低環境負荷。

重さわずか985g、フラップ無しだと748gと大容量なのに軽量を実現。

「荷物の量によってマチ幅の変更したい」

「軽さとデザイン性を両立したい」

といった現役ママの声を反映する子どもファーストで誕生しました。

サイズ展開はMLの2種類、購入前にお試しされたい方は2泊3日のレンタルも可能です。

【公式HP】https://nuland.jp/

 

(2)PEELラボ|パイナップル由来の植物性ランドセル

PEEL Labからプロトタイプとして誕生したパイナップルレザー製のランドセル。

農業廃棄物の「パイナップルの葉」をアップサイクルして生まれたジェンダーレスなデザインが話題を読んでいます。

2022年6月より予約受注をスタート。動物性皮革ではない、ヴィーガン素材でランドセルをお探しの方はぜひサイトをチェックして見てください。

【公式サイト】https://www.peel-lab.com/ja

 

(3)豊岡鞄® UMI |漁網再⽣材が主素材のスクールリュック

鞄の⽣産量⽇本⼀を誇る“豊岡”の地で誕生した「UMI」。

熟練職人が1つひとつ丁寧に作り上げる高品質なMade in Japanのスクールリュックです。

廃棄される予定だった漁網を再⽣した素材、リサイクルPET素材など環境配慮型素材の使用でSDGsにもしっかり貢献。

1180gと軽量かつ大容量で荷物の多い日も安心、23の多機能で安全と使いやすさを実現。無料保証は3年、6年間安心して使えるアフターケア付きなのもポイントですね。

【公式サイト】https://www.store.artphere.com/pages/umi-brand

気になる商品があればぜひ公式サイトをチェックしてくださいね。

※画像出典

https://nuland.jp/
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000090953.html
https://www.store.artphere.com/blogs/news/umi_monomagazine_1

Kazuki

米国・ニューヨーク州在住の環境ライター/3児の母。好きなコトバは「人生は美しい。人生は甘美だ」(ブッダ)。知るために、書く。書いて、つながる。がモットーです。

この記事はいかがでしたか?よければ「Good」してください。
1+
あなたのコメントが役立ちます!コメント募集中!
0 件のコメント
Inline Feedbacks
View all comments